エルフィニートTOP >  アンチエイジング  >  フランチパラドクス

フランチパラドクス

フランチパラドクスって知ってますか?

昔からフランス人はチーズなどの乳製品や肉類などを

相当量摂取するにもかかわらず、所謂成人病患者が

極めて少ないことで、世界の七不思議のように言われている時期がありました。



日本語に訳すと『フランス人の矛盾』とでもいうのでしょうか?

全く医学はすごいもんだとばかり思っていましたが、

解っていないことは山ほどあるんですね。

この問題、一応は赤ワインに含まれるポリフェノールが

原因なのではないかということで決着しました。



ポリフェノールには、体内で活性酸素を中和する働きが

あるそうなのですが、実は、フランスではもう一つ

とてつもない抗酸化物質が見つかっています。

フラバンジェノールという成分でフランス海岸松から

抽出されるということで話題になりました。

以前、アメリカのサプリメントを個人輸入の形で

購入していたのですが、この物質が入っていることを

知ったからでした。




アンチエイジングと言えば活性酸素除去が大切です。

ただこの活性酸素の除去にどの様な栄養素が

一体どうかかわっているかは、ほとんど解明されていないのです。

例えば、ビタミンCとビタミンE、ポリフェノールなどが

抗酸化物質として認知されだしたのはほんの何十年か前にすぎません。

アンチエイジングと肌の乾燥にも関係があるようです。

知れば知るほどわからなくなっていくよう気もしますが、

良さそうなものは、何でも試してみたくなってしまいますね。

このページの先頭へ